小舗石舗装工その1

2017年12月04日

石の施工方法を現場から紹介します

 
今回は、世田谷区内の某マンションにて、つい最近施工した小舗石敷設工のご紹介です。
早速工事の流れをご紹介します。
①材料選別、運搬
石は中国産の9センチ角、黒御影石を使いました。
現地からは、パレット梱包にて、日本に入ってきます。
現場で梱包をばらして、形状、色を確認しながら一輪車に積め込みます。
中には、製品規格外の物もあるので、それは、加工用の材料として使用します。



②モルタル作り
砂とセメントを3:1の割合でミキサーにて攪拌します。



③基準線の敷設
敷設する高さ、位置を確認したら、きれいに並べる為に、まず基準となる糸を張り
小舗石を並べて、目地幅、通りを合わせて基準線を作ります。



④叩き込み敷設
石を一つずつ叩いて、締固め、通り、高さを糸に合わせながら設置していきます。



⑤もうすぐ終了



小舗石敷設って凄く難しいんです。
ひとつひとつ形状が違うし、大きさも不揃いです。
その風合いが、この工種の良いところでもありますが。
後は、上から目地を入れて完成となります。
また続きは、後日ご報告致します。
(KEN)
 


石の施工方法
方形舗装
乱形舗装
小舗石舗装

縁石

階段
 
目地舗装