TOP | STAFF NOTE | 居酒屋で実感した躾の大切さ!

居酒屋で実感した躾の大切さ!

2018年07月16日

社員教育の原点

 

皆様、こんにちは。アースロック、社員教育担当のChikaraです。
突然ですが、こちらの写真をご覧下さい。
神奈川県某市、駅前ロータリー沿いのビル地下1階にある居酒屋店内の写真です。
週末日曜日の遅い時間だった事。またお天気も生憎の雨だった事もあって、広い店内はガラガラです。
来店客は我々を含め10名にも満たない人数でした。




写真から、お店のスタッフ2名が、店内のテレビに釘付けになっている様子が伺えます。しかしお店も暇でしたし、仕事中ついテレビを観いってしまう・・・。その程度は何処でもある光景。
しかし仕事中、テレビを観ることが許されるとしたら、それは「やらなければならない業務」が全て終わっている時に限られます。
下の写真をご覧いただければお分かりの様に、テーブルに沿って椅子がきちんと整頓されている訳ではありませんし、床に落ちているゴミも片付けられておりません。






 お店が忙しい時と暇な時では、やらなければならない事が異なります。
無造作に並べられた椅子。見落とされている床のゴミ。本来やらなければならない事が残っているにも関わらず、テレビを観いっているスタッフ。
お客様はそれらの情報から、店や企業の姿勢を良くも悪くも想像するもの。
そして私自身も例外なく、店長の方針がスタッフに行き届いていない現状から、そういう店長を店舗の責任者にすえている運営会社の姿勢を想像してしまいました。

  私達、石工事・土木工事の現場も同じかもしれません。
現場で働く弊社スタッフの挨拶、言葉使いにはじまり、表情、態度、身だしなみに至る情報から、お客様は様々なことをお感じになられるでしょう。
発注いただいた工事を納期通りに、品質高くこなす経験や技術は必要なことですが、社員教育の原点はやはり「躾」。
居酒屋での光景から、「躾」の大切さを改めて実感させられました。


 


ちょっとしたこと
方形舗装
乱形舗装
小舗石舗装

縁石

階段
 
目地舗装