TOP | STAFF NOTE | 技術実習生、いざ試験本番

技術実習生、いざ試験本番

2017年10月30日

今年もハラハラドキドキの季節がやってきました

 
今年もハラハラドキドキの季節がやってきました
今回は、外国人(中国)技術実習生(以下実習生)の技術試験をご紹介します。
弊社は国が定める外国人技術実習制度を、6年前から導入しており、実習生は3年間、日本で技術を学びながら働きます。



この試験は実習生2年目に入る前の進級試験として行う、石張準2級の国家試験なのです。
そして試験に落ちると、強制的に国に帰らされてしまうので実習生は皆、真剣!





今年は3人が受験!試験中は状況を細部まで採点されます。



石を一枚一枚、指定された位置に指定された高さでシッカリ、強固に固定する条件を満たして合格となります。



試験時間は1時間。





実はこの試験には学科もあります。
試験官が採点している間、事務所で学科試験を受け、道具の名前や工事の方法等について回答します。日本語での回答となる為、実習生は日本語の勉強も必要となります。



やったー! 全員合格! おめでとう!(^^)! 
学科、実技ともに合格でした。これであと2年間、仕事ができます。
今回は、実習生の試験紹介でした。
(KEN)
 


社内行事
方形舗装
乱形舗装
小舗石舗装

縁石

階段
 
目地舗装